生体医工学研究室(塚田研究室)

研究室員

P. I.塚田 孝祐略歴
1996年 慶應義塾大学理工学部 電気工学科卒業
2001年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2002年 慶應義塾大学大学院理工学研究科 後期博士課程修了
2002年 川崎医科大学助手(生理学教室)
2004年 慶應義塾大学医学部助手(医化学教室)
2007年 マサチューセッツ総合病院
    ハーバード大学医学部 Research Fellow(放射線腫瘍学)
2009年 慶應義塾大学理工学部 物理情報工学科 専任講師
2013年 博士(医学)取得,同大学准教授,兼担准教授(医学部)
2020年 同大学教授
日本微小循環学会監事,酸素ダイナミクス研究会評議委員,日本生体医工学会,応用物理学会,電気学会,Biomedical Engineering Society, IEEEなどの会員.
博士(工学),博士(医学).
研究員白井 宏明腫瘍内部への抗がん剤浸潤動態のモデル化と数値シミュレーション
博士1年
細田 真希次世代生殖医療のための光干渉・散乱計測技術
修士2年金 悠樹卵巣組織の無侵襲可視化に向けた光干渉断層計の作製
前田 悠貴表面増強ラマン散乱を用いた細胞の代謝速度計測の試み
修士1年伊藤 心腫瘍の微小環境を再現するマイクロ流体デバイスの開発
大久保 貴弘OCT画像から卵胞を抽出する機械学習アルゴリズムの開発
河合 利咲生体の低酸素イメージングを可能にするフレキシブル酸素センサの開発
太郎田 樹3次元超解像顕微鏡システムの開発
学部4年伊藤 滉一郎高空間分解能を有する光干渉断層計の開発における光源の条件検討
國吉 一真Switching laser modes法による超解像イメージングにおける光強度分布の決定
杉山 卓機械学習を用いた培養下における血管新生の特徴量解析
竹中 沙英温度感受性色素を用いた光学式フィルム型温度センサの作製
修了生の就職先AstraZeneca,オークマ,オリンパス,KDDI(2),キヤノン,材料科学技術振興財団,昭和電線ホールディングス,ソフトバンク,大日本印刷,千代田化工,デンソー,東芝メディカルシステムズ(3),特許庁,日産自動車,日本電波工業,日本電信電話,日本放送協会,日本ユニシス,ノバルティス,パナソニック,東日本旅客鉄道,日立アロカメディカル,日立建機,日立ハイテクノロジーズ(2),富士ソフト,富士フィルム,ボストンサイエンティフィック,三井物産,メットライフ生命保険,ヤフー,リガク (あいうえお順,括弧内は人数)